個人旅行者のための、トスカーナのスペシャル日帰りツアーとカスタマイズツアー our special & customized day tours in Toscana

アートとデザインツアー

vespa

写真をクリックしてギャラリーへ

カラフルなヴェスパに気分を弾ませ、教会のフレスコ画に沈黙、ダビンチを再発見するツアー

*写真をクリックして、ギャラリーへ

ベストシーズン: 1年中

出発地、時間:フィレンツェまたはシエナ、午前中または午後

ツアー所要時間:フィレンツェ発なら6時間、シエナ発なら7時間

お一人あたりツアー料金:
4名まで:130ユーロから
5−8名まで:95ユーロから

ツアーにふくまれるもの:
– フィレンツェまたはシエナからの往復移動費用
– Madonna del Buon Consiglio教会訪問 (アンニゴーニのフレスコ壁画)
– レオナルドダビンチの生誕地ヴィンチ村レオナルド美術館訪問
– ピアッジョ美術館訪問

*各訪問地のオープニング時間/曜日により、訪問順を変更します。フィレンツェからなら、およそ往復2.5時間のドライブ、各サイト滞在には、計2.5時間があてられます。
オプション:3つの訪問地のうち、2つのみをチョイスすることもできます。

 

The Italian Genius Tour
フィレンツェとピサの間のカントリーサイドに点在する村や町を訪れる、この5時間のツアーでは、イタリアの創造の天才、そのアートと精神へ、新たな視点から迫ります。

ピエトロ・アンニゴーニ 最も独創的な20世紀イタリアンアーティストたちの一人
誰もが知るレオナルドダビンチ
ピアッジョ美術館 イタリアンデザインと創造性のシンボル、世界的に有名なVespaのユニークなモデルの驚くべきコレクション

 

Pietro Annigoni(1910-1988)
あなたが、まだ彼を知らなかったならば、驚くべきエモーショナルな体験になるかもしれません。多くの人から20世紀の真の天才と見なされながら、メインストリームの埒外におかれてきました。アンニゴーニは、モダンアートラバーにとっては、ひとつの画期的な事件であり、同時代の有名人のポートレートでのユニークな芸術的アプローチは、彼のアートのシンボル的なものとなっています。彼にポートレートを注文した人の中には、JFK、エリザベス2世、ジョンソン米大統領、ヨハネパウロ23世が名を連ね、タイムマガジンの7回の表紙を飾ってきました。とはいえ、彼が、その情熱の多くをそそいだのは、フレスコ画でした。このツアーでは、トスカーナのカントリーサイドにある小さな村ポンテブジャネーゼを訪問します。1967年から死去する1988年まで、この村の教会で、彼の傑作、教会内部全体を覆う宗教画を完成させるために、滞在しました。それらのフレスコ画の、劇的な描写、色彩、リアリズムは、独創的かつ、息をのむものです。

RAI教育チャンネル(youtube)で、ドキュメンタリーをご覧になれます。訪問しやすいところでは、フィレンツェ市内Villa Baldiniのアンニゴーニ美術館があります。

レオナルドダビンチ美術館と生誕地
彼について多くを語る必要はないのですが、彼は、エンポリ近くの丘陵にある小さな村で生まれました。ヴィンチ村には、塔のある小さな城塞があり、塔に登って、付近の風景を見晴らすことができます。
美術館は、1部は城塞中にあり、別に、道を渡ってすぐのPallazina Uzielli内にも置かれています。全順路は、技術者、建築家、そして科学者としてのレオナルドにフォーカスしています。最近では、ここは、彼の技術的/化学的研究を深くリサーチするための主要なセンターの一つとなっています。ここから数歩のところに、彼が洗礼をうけたサンタクローチェ教会があります。3キロほど歩いた丘上、オリーブ畑の中の15世紀の田舎家が彼の生誕場所です。ここでは、芸術家としての彼にフォーカスがあてられた小さな展示がされています。
トスカーナの片隅の、静謐の中で、素朴な家の周りを散策しつつ、ここから世界最大の天才が生まれたことに思いを馳せるうちに、忘れがたい場所となるのではないでしょうか。

Piaggio Museum
ミュージアムとしてリノベーションされた歴史的なファクトリーの中で、ヴェスパへの興味を超えた、美的体験を楽しめます。ディスプレイされている全ヴェスパモデル(3輪のアペ、ランブレッタ、ジレラとともに)のデザイン、ファンタジー、独創性を、ひたすら愛してしまうのでは!
ここには世界中の人の想像力をかきたててきた、小さな魔法のスクーターのすべてがあります。ピアッジョのエンジニアだったコッラディーノ・ダスカニオが、1946年に初めて、ヴェスパをデザインした時には、このスクーターが、永遠のワールドサクセスになろうとは、彼自身、予想していませんでした。スカートをはいた女性でも快適に乗れる最初のスクーターは、人々のライフスタイルを変え、思考様式を変え、映画やポップアートにも愛されてきました。人のファンタジーが生み出す製品が、不変であり、ジェネレーション、場所を超えて愛される時に、つまり一言で、”普遍”である時にのみ、卓越した製品であると言えるのなら、ピアッジョのヴェスパは、まさにそれです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © mytoscanatour All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.